こんなことで悩んでいませんか?

植木が伸びすぎて家にあたってしまう 植木がボサボサで見栄えが悪い 植木が大きくなりすぎてお庭が狭く感じる 枝が伸びすぎて道にはみ出している

剪定することによって得られる効果

「剪定」とは、一般には気の見た目を整えることだけが目的だと思われがちですが、日照具合も改善できるため、植木が健全に育つといった効果もあります。剪定をせずに植木を放置してしまうと、見た目もよくありませんし、伸びた枝葉などが近隣トラブルを引き起こす可能性もあります。例えば落葉が家庭ゴミとなってしまったり、枝先が通行人に当たってしまってケガをさせてしまう危険性も考えられます。また、剪定して植木を整えることで、害虫の発生を抑制する効果も期待できます。枝葉が鬱蒼と茂ってくると、害虫にとっては外敵から身を隠しやすい環境になってきます。剪定をして日照具合を調整すると、自然と枝葉の間に適切な隙間ができますので、結果的に害虫が棲みつきにくい環境になります。お庭の生活救急車では、どんな場所、どんな植木でも剪定させて頂きます。トラブルが起こる前に、一度お庭の生活救急車までご相談ください。

どんな植木、どんな場所でもお任せください!

  • シマネトリコ

    シマネトリコ

  • ヤマボウシ

    ヤマボウシ

  • モミジ

    モミジ

  • ソヨゴ

    ソヨゴ

  • シャラ

  • オリーブ

  • エゴノキ

  • ハナミズキ

他にもマツやケヤキなど、人気の植木や珍しい植木でもお任せください! お庭 空地 駐車場 公園 学校 ゴルフ場 どんな植木、どんな場所でも 1本あたり 1,000円(税抜)〜

「植木のサイズ」に応じた分かりやすい料金設定!!基本料金+木の大きさ×本数 低木 3m未満 中木 3m〜5m 高木 5m〜7m

植木における剪定の重要性

植木は、特に手を加えなくても育ちそうに感じますよね。しかし、剪定などの手を加えずに自由に植木を成長させてしまうと、庭全体が木々に覆われて害虫が住み着いたり、日差しが遮られたり、風通しが悪くなる可能性があります。あるいは、植木同士が栄養を取り合って、木々が枯れてしまうかもしれません。庭は山などの自然の中と違って、スペースが限られています。それぞれの植木はそれぞれの庭の広さに合わせた大きさにしておく必要があり、そのために剪定という手段は有効です。また、花の咲く木であれば、古い枝を切ることで新しい枝が育ち、良い花を咲かせるようになるかもしれません。植木の形を整える剪定をすることで、庭の景観を保つだけでなく、害虫を防いだり、植木を良い形で成長させることができるのです。

お庭の生活救急車 日本全国、年中無休で対応! フリーダイヤル : 0120-286-365 出張見積り無料!キャンセル料無料!クレジット支払OK!

植木の剪定・お手入れならお任せください!

お問い合わせ

※一部パートナー店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

東証1部・名証1部上場企業 信頼できる実績があります

  • 拠点数2,270店 拠点数が多いからすぐに駆けつけ可能!
  • コール数 30,000本 オペレーター完備!年中無休で対応!
  • 施工対応数240万件以上 圧倒的な施工対応数で安心と信頼をお届け!

※施工対応数は累計値、コール数は月間、拠点数は2017年3月時点での登録数となります。

サービスの流れ

トラブル発生→お問い合わせ(ヒアリング)→スタッフが到着→お見積り→施工→完了(お支払い)

  • ※場合により料金が発生する可能性がございます。

お支払い方法は現金・クレジットカード決済が可能です(VISA・マスターカード・JCBが使用可能)

  • ※一部パートナー店・エリアによりカードが使えない場合がございます。
  • ※対応エリア・パートナー店・現場状況により事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

トラブル解決&料金事例

  • 庭木の剪定と伐採

    剪定 愛知県名古屋市

    ご相談内容

    庭木の剪定と伐採をお願いしたいです。

    作業内容

    庭木の剪定と伐採のご依頼に対応させていただきました。

    実際の料金
    剪定 低木
    伐採 中木
    ゴミ処分 枝葉
    ゴミ処分 太枝・幹
    42,000円

    42,000円(税込)

  • 植木の剪定

    剪定 大阪府堺市

    ご相談内容

    植木の剪定をお願いしたいです。

    作業内容

    植木の剪定のご依頼に対応させていただきました。

    実際の料金
    植木の剪定 14,040円

    14,040円(税込)

  • 植木の剪定

    剪定 京都府京都市

    ご相談内容

    植木が伸びているので、剪定をお願いしたいです。

    作業内容

    植木が伸びていたので、剪定作業を行いました。

    実際の料金
    植木の剪定 24,840円

    24,840円(税込)

  • 庭木の剪定

    剪定 東京都

    ご相談内容

    庭木の剪定をお願いしたいです。

    作業内容

    庭木の剪定のご依頼に対応させていただきました。

    実際の料金
    庭木の剪定
    竹 処分
    67,800円

    67,800円(税込)

  • 庭木の剪定

    剪定 神奈川県横浜市

    ご相談内容

    庭木の剪定をお願いしたいです。

    作業内容

    庭木の剪定のご依頼に対応させていただきました。

    実際の料金
    剪定 中木
    剪定 高木
    ゴミ処分 枝葉
    35,700円

    35,700円(税込)

  • 植木の剪定

    剪定 埼玉県さいたま市

    ご相談内容

    植木の剪定をお願いしたいです。

    作業内容

    植木の剪定のご依頼に対応させていただきました。

    実際の料金
    植木の剪定 24,840円

    24,840円(税込)

庭木の剪定はいつ行う?庭木の種類別・最適な剪定シーズンをご紹介

庭を美しく彩ってくれる庭木。庭木は美しさを保つために、定期的に剪定することが大切です。しかし剪定は枝葉が伸びてきたらいつでも行うものではなく、適した時期があります。間違った時期に行うと、庭木がうまく育たないこともあります。
今回は、庭木の種類別に剪定に適切なシーズンをご紹介します。

庭木の剪定をする理由

庭木の剪定は見た目を綺麗にするだけでなく、さまざまな効果が期待できます。

庭木を成長させるため
増えすぎた枝は、水分や養分を吸い上げる役割のある根の負担を増やしてしまいます。また枝が絡まっているとそれぞれの成長を阻害し、風通しも悪くなります。その結果、虫や病気が発生してしまう可能性があります。庭木を健康的に成長させるためには、定期的な剪定が必要なのです。
防犯上の理由も
庭木を放置し、伸び放題になっていると視界が遮られます。そのため人目を避けたがる泥棒にとって格好の環境となるだけでなく、防犯のことを考えていない隙のある家だと思われてしまいます。
心理的な面で泥棒に入りにくくさせるためにも、定期的に手入れを行うのがおすすめです。

庭木の剪定に適した時期とは

庭木の剪定作業は、大きく分けると冬季剪定と夏季剪定の2つに分けられます。また樹木の剪定は「基本剪定(強度の剪定)」と「軽剪定(軽度の剪定)があります。
基本剪定は、なるべく樹木が休んでいる休眠期や、萌芽直前に行うのがおすすめとされています。軽剪定は春期や夏季に行います。

冬季剪定
冬季剪定は樹木の負担や生育への負担が少ない休眠期(12~4月)に行われる剪定です。主に落葉樹や常緑針葉樹の樹形の基本的な形作りを目的として行われます。
樹木が本格的に活動を始める春に向け、要らない枝を切ったり、葉を減らしたりします。
夏季剪定
伸びすぎた葉や枝を剪定して形を整えるために行われます。通気性や日当たりを良くし、樹木が生育しやすいようにします。
また台風シーズンに枝が折れるのを防ぐ効果もあります。
種類や状況によっては春や秋に行うこともある
基本的には夏季や冬季に行われる剪定ですが、春期や秋期に行われることもあります。常緑樹などは5~6月に基本剪定を行います。
秋期は基本的に樹木が休眠の時期に入る頃ですが、新年の準備として10~12月頃に行うことも多いです。また翌年に新芽が出るまでの期間が長いため、管理のために行うこともあります。

庭木の種類によって剪定時期は異なる

剪定の時期は庭木の種類によっても異なります。種類ごとに適した剪定時期は以下のようになります。

常緑針葉樹
スギ・マツ・ゴールドクレストなどが常緑針葉樹にあたります。
マツの場合は5~6月の中旬までに剪定を行い、新芽摘み作業を行います。これにより枝ぶりが決まります。
生け垣に植えられることも多いため、形を整える軽剪定を夏や秋に行うこともあります。
常緑広葉樹
ツバキ・キンモクセイ・サザンカ・サツキなどが該当します。主に暖かい時期に剪定を行う樹木で、3月下旬~4月下旬の新芽が出る前に基本剪定を行います。また新葉が落ち着いた5月下旬~6月に行われることもあります。
寒さに弱いので、冬に基本剪定を行うのは避けましょう。夏に軽剪定を行うのは大丈夫です。
落葉広葉樹
アオハダ・アオダモ・ハナミズキなどが落葉広葉樹です。寒くなるにつれて葉が落ちてくる種類のことを指します。
葉が落ちた寒い時期に基本剪定を行います。12~2月頃に基本剪定を行い、6~10月頃に軽剪定を行うのがおすすめです。

花木や果樹も剪定が必要

花木や果樹も定期的に剪定をしなければなりません。

花木
基本的には花が咲いた後に基本剪定を行います。ただし種類によっては時期が異なります。ウメやモモ、サクラなどは花が形成された後だと花数が減ってしまいます。そのため、秋以降は花芽の無い枝や飛び出た枝を整理する程度にします。
トサミズキなどは冬の時期に要らない枝を切って形を整えましょう。
果樹
休眠中の12~2月頃に基本剪定を行います。
ミカンなどは新芽が出る2~3月に行い、ビワは2月中旬~実がなる頃までに行いましょう。ただしビワは実がなってからも、間引く剪定を行うこともあります。

時期ではないけれど剪定を行いたい時は?

剪定の時期ではないけれど、どうしても庭木を綺麗にしておきたい時もあるのではないでしょうか。そんな時は基本剪定ではなく、軽剪定を行いましょう。
軽剪定では以下のような作業を行います。
・混み入っている枝を切る
・切り口は少なくし、場合によっては癒合剤を使用する
・芽は残す
特に成長時期に剪定をする場合は必ず軽剪定にしましょう。
そして基本剪定の時期がくれば、本格的な剪定を行います。

庭木の剪定はいつでも行ってよいものではなく、種類別にそれぞれ適した時期があります。庭木の休眠時期に基本的な骨格作りを目的とした剪定を行い、それ以外の季節は整えるだけの軽剪定を行いましょう。
適切な時期に剪定を行うことで、庭木の見た目を美しくするだけでなく、綺麗に成長させることができます。

庭木の剪定の専門業者が行う剪定方法

定期的なお手入れが必要な庭木。専門の剪定業者に頼む方も多いのではないでしょうか。
剪定には見た目を良くするのはもちろん、日当たりや風通りを良くして成長を促す効果も期待できます。また病気や虫の発生の予防も可能です。
そんな庭木の剪定方法にはいくつかの種類があります。そこで今回は剪定業者が行う剪定方法についてご紹介します。

剪定方法の種類

剪定業者が行う剪定方法にはいくつかの種類があります。この方法は剪定を行う樹木の種類や時期によって異なります。
ここでは主な剪定方法についてご紹介します。

透かし剪定
細かい枝が多く、風通しが悪い樹木に行う剪定です。混み合っていたり、伸びすぎていたりする枝を適度に透かしていきます。そのため「枝抜きとも言います。
適度に枝の密度を減らす事で、風通しが良くなり樹木の健やかな成長を促します。育ちすぎた樹木を小さくする強剪定と、不要な枝を落とすのみの弱剪定があります。
切り戻し
枝を半分から三分の一辺りで剪定する方法です。枝を短くする事で樹幹を保ちます。野菜や花卉の収穫や開花を促進させるために行う場合もあります。
ただしむやみに切り落とすと、さらに細かい枝がたくさん出て樹形を乱す原因にもなりますので注意しましょう。
芽摘み
針葉樹など、新たに出た目を手で摘む工法です。枝の成長を抑えて、樹の形を保てます。
特にマツは春に生えてきた新芽を摘む事で、成長を穏やかにできます。
刈り込み
生け垣やトピアリーなど長く伸びた枝を刈る工法です。庭木の形を保つために、全体を均一に刈り込んでいきます。

剪定する枝はどんなもの?

剪定工法や季節は庭木の種類によって異なりますが、剪定する枝は共通しています。剪定すべき枝には以下のようなものがあります。

からみ枝
枝同士が絡みつくように伸びた枝の事です。
立ち枝
横に広がるはずがまっすぐ伸びてしまった枝です。放置すると樹形に影響を及ぼします。
逆さ枝
幹の方向に向かって伸びた枝の事です。
胴吹き枝
「幹吹き」とも言います。樹木の根元部分から伸びた枝で、放置すると樹木の先端まで栄養が届きにくくなります。
かんぬき枝
主幹を貫くように伸びた枝の事です。短くするか、左右どちらかを切り落として整えます。
ひこばえ
樹木の根元から出てくる枝の事です。細く、景観を損ねてしまいます。
交差枝
他の枝と交差してしまっている枝です。不要な枝を剪定します。
下がり枝
「垂れ枝」とも言います。横に伸びた枝から下に向けって伸びてしまった枝です。

剪定業者が行う剪定工法についてご紹介しました。庭木は定期的に剪定を行う事で、見た目を美しくしたり、健康に生育する手助けができたりします。
樹木の種類によって適切な剪定工法や時期が異なってきますので、自分では難しい、どう剪定して良いか分からない時は剪定業者に頼むのがおすすめです。プロに頼んで美しい庭木を維持していきましょう。

庭木の剪定の専門業者はどう選ぶ?優良業者と悪徳業者の見極め方

庭木をきれいな状態に保っておくためには、定期的な剪定が必要です。そのためにはプロの剪定業者に頼むのがおすすめです。しかし剪定業者も多く、どの業者に頼んで良いか分からないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は庭木の剪定業者の選び方についてご紹介します。ぜひ剪定業者を選ぶ際の参考になさってください。

剪定をやってくれる業者はさまざま

一口に剪定業者といっても、その業種は実はさまざまです。業種によって得意分野も異なるため、自分の庭や庭木のイメージに近い業者を選ぶのがおすすめです。
業者の種類は主に以下のように分かれています。

造園会社
庭作りなどを行う専門業種のため、対応できる幅が広いのが特徴です。業者によって和風・洋風と得意としている分野が異なるので確認しておきましょう。
また公共事業を主としている会社は、個人の庭のお手入れは不慣れな場合もあります。
植木屋・庭師
剪定や植栽などのメンテナンスを主としている業者です。剪定のみなどを行う際には頼みやすい業者といえるでしょう。ただし庭全体のデザインを行っているかは業者によって異なります。
エクステリア会社
外構部分の施工を主に行う業者です。エクステリア中心のデザインにすぐれており、庭全体にデザインを行いたい時にもぴったりです。ただし植物に関する知識が多いかどうかは業者によりますので、施工例などを確認するのがおすすめです。

剪定業者の良し悪しを見分けるコツ

自分の庭にあった業種を見つけたら、次はその会社の良し悪しを見分けましょう。
ここでは判断する上でのポイントなどをご紹介します。

見積もりをしっかり出してくれる
初めて剪定を依頼する際に不安なのが料金ではないでしょうか。
そのため剪定料金、ゴミ処理などの手数料、雑費などに内訳がしっかりしている見積もりを出してくれる業者だと安心です。
依頼の際には「追加料金が発生しない」という事も確認しておきましょう。
庭木1本からでも剪定してくれる
個人で依頼する際には「1本だけでも剪定してほしい」という事も多いのではないでしょうか。そのためたとえ1本からでも、嫌がらずに剪定してくれる業者だと安心です。
こちらの希望を聞いてくれるか
剪定業者はプロのため、時としてこちらの希望を聞いてくれず作業する場合もあります。
しかし庭木はその家の所有物です。
そのため依頼者の希望を親身になって聞いてくれるか、その剪定方法のメリット・デメリットを教えてくれるかなど相談にのってくれる業者を選びましょう。

多くの剪定業者が存在するため、どこに依頼して良いのか迷う方も多いと思います。そのためまずは見積もりを取ってみましょう。見積もりを取る時の対応で、その業者の普段からの対応も垣間見えます。
おざなりな見積もりを取る会社は、剪定作業も適当になってしまう場合があるので気を付けましょう。ポイントは親身に相談にのり、見積もりがしっかりしている業者を選ぶ事です。

剪定のお役立ち情報

  • 春までにやっておきたい!冬場に行う落葉樹の剪定

    庭という限られたスペースに植えた庭木は、野生状態とは違って、野放図にしていては育ちません。庭木を正常に生育させるためには、こまめな手入れが必要になります。落葉樹の場合、1年の起点となるのが冬場の剪定です。落葉樹は、落葉中の休眠状態となっている冬場に剪定することが、正常な生育には欠かせないセオリーとなっています。具体的には、11月~2月頃が落葉樹の休眠期となりますので、この期間に冬の剪定を行いましょう。

  • お手入れが少なくて済む庭木の人気種

    庭木を植えると庭が賑やかになるだけでなく、通りから家の中が丸見えにならないように目隠しの役割を果たしてくれたり、雨風から家を守ってくれたりと、さまざまなメリットがあります。とはいえ、庭木はお手入れが大変だと思っている人もいるのではないでしょうか。庭木のなかには、お手入れが少なくて済む種類もあるのです。この記事では、初心者でも育てやすく人気のある樹種について紹介します。

  • 庭の落ち葉は放置してはいけない?秋の庭の手入れ

    秋は落ち葉や枯れ葉が多くなるため、お庭の手入れをまめに行う必要があるタイミングです。しかし、自分でお庭の手入れをしようとすると時間も体力も必要です。とはいえ、たまった落ち葉を放置しておくわけにもいきません。この記事では、秋に行うお庭の手入れについて解説していきます。

  • 庭に関するご近所トラブルに要注意!ありがちなトラブルと回避方法について

    ご近所との良好な関係を維持するためにも、トラブルはできるだけ避けたいものです。しかし、トラブルを起こさないようにするには、どのような行為が迷惑にあたるのかを事前に知っておく必要があります。特に庭付きの家や、ガーデニングが好きな家庭には庭を巡るトラブルがつきものです。そこで、庭に関するよくあるトラブルや、トラブルを回避するための方法を紹介します。

  • 初心者必見!剪定はなぜ必要?どの枝を切ればいい?剪定の基本

    庭の樹木が伸びてきて、見た目が悪くなってしまったときに行うのが剪定です。剪定には必要な枝のみを残す技術と、適切なタイミングが求められます。事前に知識をつけず適当に枝を切ってしまうのは、「花が咲かない」「周辺の木々も枯れる」というトラブルが起こる原因です。この記事では、剪定の方法や切るべき枝の見分け方を紹介します。

剪定のお役立ち情報一覧を見る

エリア情報

  • 立ち木などの伐採
  • 空地などの草刈り
  • お庭のサービス