庭の樹木が伸びてきて、見た目が悪くなってしまったときに行うのが剪定です。剪定には必要な枝のみを残す技術と、適切なタイミングが求められます。事前に知識をつけず適当に枝を切ってしまうのは、「花が咲かない」「周辺の木々も枯れる」というトラブルが起こる原因です。この記事では、剪定の方法や切るべき枝の見分け方を紹介します。

植木にはなぜ剪定が必要?

剪定

庭木の手入れにはさまざまな方法があります。そのなかでも、樹木の枝を切り落として形を整えたり風通しをよくしたりする作業が剪定です。剪定を行うと見た目が美しくなり、普段の手入れもしやすくなります。また、剪定には樹木の生長を促す効果も持っています。なぜなら、不必要な枝や葉を取り除くので、吸い上げた栄養を適切な箇所に集中して与えられるからです。

剪定によって栄養が十分に蓄えられると抵抗力も強まるので、病気や害虫の繁殖を予防できます。剪定を行わずに放置していると見た目が悪くなってしまうだけでなく、樹木の健康が損なわれて枯れるようなトラブルが起こってしまうでしょう。枝や葉が必要以上に伸びていると根から多くの栄養を吸収するので、周囲の樹木が栄養不足になってしまう可能性があります。そのため、剪定は枝や葉の伸び具合や時期に合わせて適切なタイミングで行わなければなりません。

さらに、花を咲かせる樹木の場合は剪定によって古い枝を切り、新しい枝を育てるとより美しい花が咲くといわれています。枝を切ると、新しい枝を作ろうとして細胞の働きが活性化するためです。

剪定を行う際は、見た目だけでなく風通しや日照状況を考えながら枝を切っていきます。樹木を健やかに保つためには、それぞれの生育に適した環境が欠かせません。日光や湿度は、植物の生長条件に関わる代表的な要素です。剪定は見た目だけでなく、樹木の健康を守るための大切な手入れ作業といえるでしょう。

植木にはなぜ剪定が必要?

庭木の手入れにはさまざまな方法があります。そのなかでも、樹木の枝を切り落として形を整えたり風通しをよくしたりする作業が剪定です。剪定を行うと見た目が美しくなり、普段の手入れもしやすくなります。また、剪定には樹木の生長を促す効果も持っています。なぜなら、不必要な枝や葉を取り除くので、吸い上げた栄養を適切な箇所に集中して与えられるからです。

剪定によって栄養が十分に蓄えられると抵抗力も強まるので、病気や害虫の繁殖を予防できます。剪定を行わずに放置していると見た目が悪くなってしまうだけでなく、樹木の健康が損なわれて枯れるようなトラブルが起こってしまうでしょう。枝や葉が必要以上に伸びていると根から多くの栄養を吸収するので、周囲の樹木が栄養不足になってしまう可能性があります。そのため、剪定は枝や葉の伸び具合や時期に合わせて適切なタイミングで行わなければなりません。

さらに、花を咲かせる樹木の場合は剪定によって古い枝を切り、新しい枝を育てるとより美しい花が咲くといわれています。枝を切ると、新しい枝を作ろうとして細胞の働きが活性化するためです。

剪定を行う際は、見た目だけでなく風通しや日照状況を考えながら枝を切っていきます。樹木を健やかに保つためには、それぞれの生育に適した環境が欠かせません。日光や湿度は、植物の生長条件に関わる代表的な要素です。剪定は見た目だけでなく、樹木の健康を守るための大切な手入れ作業といえるでしょう。

剪定を行うタイミングとは?

樹木の生長に合わせて枝や葉は伸びてくるため、剪定は毎年行う必要があります。剪定すべきタイミングの詳細は樹木の種類によって異なりますが、剪定の持つ意味で夏と冬の2回に大きく分類することが可能です。適切な時期に剪定を行えば、年間を通して美しい庭を楽しめます。夏剪定は、枝が伸びてくる時期の6月頃に行う剪定です。全体のバランスを考えて、伸びすぎてしまった枝を切っていきます。風を受ける面積を少なくすれば、台風対策としても活用可能です。日当たりのよくない箇所も確認し、日光がまんべんなく当たるように改善します。また、不要な葉が多いと害虫がつきやすくなってしまうので、剪定を行って樹木をすっきりさせましょう。

冬剪定は、樹木の見た目をよくするのが目的です。冬の間、植物は活動を控える休眠状態に入っています。そのため、夏剪定よりも大胆に切って樹形を整えるのが適切です。落葉樹や耐寒性のある常緑針葉樹は、基本的に冬剪定をメインに行います。

クスノキ・シイなどの常緑広葉樹は、新芽が出て枝が大きく伸びる時期を控えた春頃の剪定がよいでしょう。また、花を咲かせる樹木の場合は、花が咲くタイミングに気を付けなければなりません。つぼみが付いている枝を切ってしまっては、その後に花が咲かなくなってしまうためです。剪定を行うのであれば、花が咲き終わったあとの時期が適しています。どのタイミングが適しているのかは植物カレンダーをチェックするなどして、樹木の種類に合ったタイミングで剪定を行いましょう。

剪定に必要な道具をそろえよう

剪定を行うには、枝を切り落とすための道具が必要です。道具にはさまざまな種類がありますが、剪定を行いたい樹木の種類や高さに合わせて選ぶとよいでしょう。最も手軽に剪定を行える道具が剪定バサミです。花卉(かき)の茎から直径1.5cmほどの枝の剪定を行えます。枝の伸びが気になったときに少しだけ切るなど、使い勝手も非常によい道具です。手になじみやすく、軽いものを選ぶと作業中の負担が軽減されます。

剪定バサミよりも、細かい作業に向いているのが植木バサミです。直径約1cmまでの枝を切れるので、込み入った枝の剪定に適しています。刃こぼれを起こしてしまうため、太い枝の剪定には向いていません。植木バサミは見た目を少し整える程度の作業に使用しましょう。

生け垣やトピアリーなど、表面を平らに処理したいときに使用するのが刈り込みバサミです。刃の角度が平らになっているため、飛び出した枝を切りやすくなっています。高枝切りバサミは、高い箇所に生えている枝を切るときに役立ちます。柄が長く、ハサミの部分が高所に届きやすくなっているのが特徴です。ハサミの部分を開閉する仕組みは種類によって異なります。扱いに慣れない初心者であれば、グリップ部分を持って開閉するものが適しているでしょう。

高枝バサミのように、柄が長く先端にノコギリが付けられている道具が高枝ノコギリです。ハサミでは切れないような太い枝を剪定するときに使用します。また、高さが足りないというときには脚立を使用して剪定を行いましょう。切った枝が自分の上に落ちないよう、脚立は少し手前に置いて作業するのがポイントです。

切るべき枝の見分け方

見分け方

どの枝を切るべきか決めず、適当に切ってしまうと樹木の健康を損ねてしまう場合があります。剪定すべき枝は「不要枝」や「忌み枝」と呼ばれ、樹木の種類が違っても見分け方はほぼ同じです。

樹木の下部で切るべき枝は、ヒコバエと胴吹き枝です。ヒコバエは、樹木の根元から伸びてくる細い枝を指します。胴吹き枝は、木の幹から直接生えている枝です。どちらも木の幹から上に送られる栄養を吸収してしまうため、余分な枝です。

樹木の真ん中あたりで剪定する枝には、垂れ枝・逆さ枝・車枝・立ち枝が挙げられます。垂れ枝は下に向かって伸びている枝で、逆さ枝は通常の枝の向きと逆に生えている枝です。車枝は、1カ所の枝の先端から3本以上の枝が新しく生えている枝を指します。立ち枝は、横ではなく上に真っすぐ伸びてしまった枝です。これらの枝を放置していると、樹形が崩れて見た目が悪くなってしまいます。

樹木の上部で切るべき枝の種類は、徒長枝や絡み枝、重なり枝などです。徒長枝は飛び枝とも呼ばれており、上へ勢いよくまっすぐに伸びているので非常に目立ちます。絡み枝は、枝同士が交差するように絡んでいるのが特徴です。重なり枝は複数の枝が同じ方向に伸びている状態を指し、平行枝とも呼ばれています。

剪定すべき枝は、そのまま放置していると全体のバランスを崩すものが多く、景観を損ねてしまうのが特徴です。美しい見た目に仕上げ、樹木の健康を保ち続けるには適度に不要な枝を切り、栄養を適切な箇所に送る必要があります。

切り方によって名前が変わる

剪定の方法は、どんな風に枝を切るのかでそれぞれに種類が異なります。一般的に利用されている剪定の種類は、透かし剪定・切り戻し・刈り込み・芽摘みの4種類です。

透かし剪定は、伸びすぎたり混み合ったりしている枝を適度に透かすようにして剪定します。密集している細かい枝を根元から切り落とし、樹形を整える方法です。透かし剪定を行うと密度が改善されるため、日当たりや風通しもよくなります。広がりすぎた樹木を小さくする目的の強剪定と、枝先の不要な枝を切ってすっきりさせる弱剪定の2種類があるため、樹木の状態に合わせ、適切な方を行いましょう。

切り戻しは、枝を半分~3分の1あたりまで切って樹幹を保つ方法です。わざと枝を切り落とすことで、切った箇所から新しく細い枝が伸びてくる働きを促します。枝を全て切り落としてしまうと、細い枝が広がって樹形が崩れる可能性もあるため注意が必要です。切り戻しは、野菜の収穫や開花を促進するために用いられています。

刈り込みは刈り上げとも呼ばれ、伸びてきた枝を途中から切って形を整えるための剪定です。完成後の大きさをイメージしながら、飛び出した枝や葉を均一になるように切り落としていきます。形を整えるだけなので、初心者でも取り組みやすい剪定の方法です。

芽摘みは、新しく生えた新芽を摘んで枝の生長を抑えることが目的です。主に針葉樹の剪定で用いられる場合が多く、みどり摘みとも呼ばれています。枝の生長が抑えられると伸びる速度が遅くなるため、樹形を保ちやすくなるのが特徴です。

剪定後の手入れはどんなことをすればいい?

剪定後

不要な枝や葉を切る剪定を行うと樹木に傷が付いて、雑菌や害虫が入りやすい状態になります。細い枝や花卉の剪定などでは切り口が小さいので特別な処置を行わず、自然に任せるのもよいでしょう。しかし、切り口が大きい場合は傷みやすく、そのまま放置していると樹木が弱ってしまう可能性があります。そのため、剪定が終わったらそれぞれの状態に合った対策を行わなければなりません。

大きな枝を切ったあとなど、切り口が大きい場合は癒合剤を使用してみましょう。癒合剤は、樹木の断面に塗って使用するコーティング剤になります。癒合剤を塗ると、切り口が完全に覆われます。ダメージを受けやすい切り口を乾燥や雨風、害虫から防ぐのが目的です。

また、剪定後の樹木は受けたダメージを回復させるために、多くの栄養を必要とします。肥料や活力剤を使用すれば、必要な栄養を十分に与えられるため効果的です。肥料や活力剤に含まれている成分や配合比率は、製品の種類で異なります。そのため、樹木の状態に合った成分を含む製品を選ぶことが必要です。剪定内容との組み合わせによっては、弱っている樹木を再生させたり花芽の量を増やしたりする働きを強めることもできます。

しかし、樹木の状態に合わせて適切な肥料や活力剤を選ぶのは、初心者にとっては難しい作業です。樹木の性質や状態に合わない対策を行うと、余計に樹木を傷めてしまう可能性もあります。不安な場合は、専門的な知識と技術を持つ業者への依頼を検討してみるとよいでしょう。

■まとめ

剪定まとめ

不要な枝を切り落とす剪定には、目的によってさまざまな方法があるため、どんな風に切っていけばよいのか迷ってしまいがちです。剪定に慣れていない初心者の場合は、形を整えるのが目的の刈り込みから始めましょう。

慣れてきたら剪定すべき枝を見分けて切ったり、生長スピードをコントロールする目的で剪定を行ったりとステップアップしていくのが適切です。樹木の美しさと健康を保つため、適度な間隔で剪定を行いましょう。

剪定のお役立ち情報

  • 剪定をプロに頼むとかかる費用はどれくらい?剪定の相場をご紹介

    せっかく立派な庭を持っていても、それを美しい状態のまま維持するのは大変です。放置をしていると、手入れをしていない髪と同じですぐにぼさぼさになってしまいます。定期的に剪定をしたいところですが、素人ひとりでそれを行うのは大変です。一方、プロに依頼すると料金が気がかりかもしれません。そこで、剪定を業者に依頼した場合の費用の相場とその費用をなるべく抑える方法について解説をしていきます。

  • 庭の剪定の業者を比較する際に役立つポイントとは

    家の植木を長持ちさせたいなら剪定が必要になります。しかし、木の形を整え、成長を助ける剪定は素人の技術で行うと失敗しがちです。専門業者に頼むと安全かつ確実に剪定ができるでしょう。ただし、業者にも良し悪しがあるので慎重なリサーチが必要です。この記事では、剪定を依頼する業者を比較する際のポイントについて解説します。

  • 剪定の際には注意、起こりがちなトラブルと回避方法

    庭木の剪定は定期的に行わなければなりません。手入れを怠っていると、樹木が枯れてしまったり、花がうまく育たなかったりします。ただ、剪定はとても奥深い作業です。中には、間違ったやり方をして予期せぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。そのようなことがないよう、しっかり準備をして剪定作業に臨まなければなりません。ここでは、剪定で起こりがちなトラブルと、その回避方法について紹介します。

  • 自分で剪定をする際のポイントと注意点

    木の枝を切ったり、悪い部分を取り除いたりして整える作業を「剪定」といいます。剪定は庭などの木を長持ちさせるために欠かせません。しかし、間違った方法による剪定は木の寿命をかえって短くする危険もあります。剪定を行う際は注意点を踏まえて行いましょう。この記事では、剪定で失敗しないためのポイントを解説します。

  • 知って得する庭の手入れを簡単にする方法!

    庭の手入れをしようと思ってはいても、「時間がない」「何から始めたらいいかわからない」と悩んでいませんか。悩んでいる間にも植物はどんどん伸びていってしまいます。草や木が伸びているのが気になっても、実際に手入れを行うのはおっくうですよね。そこで、今回はそんな悩みをお持ちの方へ向けて、庭の手入れを簡単にする方法を紹介します。

剪定のお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。