福岡市内のお問い合わせ内容と実績紹介

  • エリア情報
    福岡市東区

    福岡市東区の自宅には、私にはなんの木かはわかりませんが、大きな木が生えています。先日、子供と庭で遊んでいた時に、ダルマさんがころんだをして遊びました。その際に、鬼は大木のところに立っていたのですが、子供が鬼になった時に、急に痛いと叫びました。見に行ってみると、手にとげが刺さっています。なんだろうと思って木を見てみると、木のトゲであることがわかりました。とても危なくて、このままにしていると、何度もトゲが刺さってしまうと感じ、家族の安全のためにも、夫婦で相談して、この木を伐採することにしました。お庭の生活救急車の方に相談し、実際に見てもらうと、確かにこれでは大人も危ないので、こだわりがないのであれば切った方がよいと教えられました。すぐに伐採してもらうようお願いしました。迅速に対応しもらえたので、非常に助かりました。

  • エリア情報
    福岡市南区

    福岡市南区の義実家にはサザンカの垣根がありました。冬になると玄関前に花を咲かせていましたが、たまに毛虫がついたりしていました。子供が3歳になって義実家に遊びに行った時、知らないうちに毛虫に針を飛ばされていたようで、子供が皮膚炎になりました。薬の内服や通院など思ったよりもひどい状態に義両親もびっくりし、安全の面からもサザンカの垣根を取り払うことになりました。インターネットでこの辺りで伐採してもらえる業者を探し、お庭の生活救急車に決めました。最初は送信フォームから問い合わせ、最終的には電話での現場説明と見積もりをもらい決めました。サザンカの本数が結構あったのと、毛虫が怖かったのでやはり専門の業者さんに頼んでよかったです。駐車場の確保に悩んだのですが、義実家の車を近所の駐車場に停めて、業者さんの車を現場に停めることでクリアできました。

  • エリア情報
    福岡市博多区

    福岡市博多区の我が家の庭には大きな木が1本生えていました。どんどん大きくなっているのは知っていたのですが、特に問題もなかったので放置していました。するとある日、屋根の瓦が突然落ちてきました。びっくりして屋根の修理をお願いすると、瓦が落ちてきた原因がわかりました。なんと木の枝が伸びすぎて、瓦を持ち上げてしまったのです。そしてお隣の家の屋根にもぶつかっていることがわかり、このままでは隣のお宅にも被害が出る可能性があると言われたのです。このまま木を放置することはできません。長年落ち葉にも悩まされ、木に鳥がとまって、糞の被害にも困っていたので、思いきって伐採することにしました。作業時には隣の家に気をつけながら、伐採してくれました。木を切ってからわかったのですが、木がないことで、日当たりがまったく違いました。部屋の中が明るくなったので、伐採して良かったです。

  • エリア情報
    福岡市西区

    福岡市西区にある自宅の裏庭には、大きな木が一本立っていました。しかし、あまりに大きくなりすぎて、隣の家のリビングに陽が当たらなくなっていたようでした。隣の奥さんに悩みを打ち明けられて、初めてそんなに迷惑をかけていたのかと気づかされました。たしかに裏庭なのでほとんど目に入ることがなく、これまでも落ち葉が舞い散ったりと、かなり迷惑をかけていたことと思います。これ以上迷惑をかけられないと感じたので、この木を伐採することに決めました。伐採はお庭の生活救急車に依頼しましたが、作業員の方にも、隣の家に気を遣いながら作業してもらいました。伐採で隣の家の庭に落ちた葉っぱや枝なども、すべてきれいに片づけてもらいました。隣の家の陽当たりも良くなり、とても感謝されました。

  • エリア情報
    福岡市東区

    福岡市東区の自宅には大きなクスノキがありました。とても大きくなる樹です。隣家に日陰ができてしまう事から、枝葉の伐採はこまめにしてきたつもりでした。それがトラブルになったのは、クスノキの黒い実が隣家の洗濯物を汚してしまったせいです。風で飛んだのか、鳥が運んだのか、真相はわかりません。隣家の方のあまりの剣幕に、伐採する事にしました。とはいえ、知っている業者さんがあるわけでもなく、インターネットで自宅まで来てくれる専門業者を探し、お庭の生活救急車を見つけました。フォームに必要事項を書き込み送信、電話連絡後、見積もりを出してもらいました。ホームページに基本料金や算定基準、別途費用がかかる場合について書いてあったので、我が家の場合もわかりやすく、納得してお願いする事ができました。