庭木の枝が敷地からはみ出してしまうというのは、よくあることです。小枝の先がわずかに出ているなら問題ないかもしれませんが、高さや程度によって異なります。「どれくらいまでなら許容範囲内なのか」「はみ出した場合の罰則はあるのか」などわからない点も多いでしょう。今回は、庭木のはみ出しで起こりがちなトラブルと罰則についてご紹介いたします。

公道か隣家か?どこにはみ出しているかで変わる

はみ出した木

庭木のはみ出しといっても、その場所が隣家なのか公道なのかでも状況は変わります。民法の233条1項で「隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる」とされています。民法では竹林と書かれていますが、他の庭木も該当するので安心してはいけません。ところで、問題は「はみ出した場所がどこか」ということです。上述した民法では、隣家に木の伐採や剪定を請求できるとしていますが、何らかの被害が出ていたり、被害の可能性があったりすることを前提にしています。

つまり、被害におよんでいないのに、木の伐採や剪定を強要するのは権利の濫用であるという考え方です。ただし、木の種類によっては落ち葉による迷惑も考えられますし、害虫駆除を怠っていれば十分その被害も考えられます。いずれにしても隣家に庭木がはみ出してしまうのはよい状況とはいえないでしょう。庭木を植えている場所によっては、公道に枝がはみ出してしまうこともあります。この場合、被害を与える恐れがあるのは、通行人など不特定多数の人達です。

公道にはみ出した庭木の処分はそれぞれの自治体によって変わりますが、通行人から行政に通報されるという例もあります。その場合は行政から伐採や剪定を命じられるケースが多い傾向です。また、伐採や剪定を指導されても一向に従わない場合の罰則については自治体や実際の状況によってさまざまに分かれます。道路法を適用されるような状況だと、罰金を課せられることもあるでしょう。

住んでいない場合でも放置はできない?

庭木がはみ出してしまうのは、転勤など何らかの事情があって実際には住んでいない家の場合もあります。または、親族などの空き家の管理を頼まれるというケースもあるでしょう。実際には自分が住んでいない場合であっても、放置したままというわけにはいきません。庭木のはみ出しが原因で何らかの被害におよんでいる場合には、持ち主を探して伐採や剪定を要求することは可能です。

例えば、該当する行政へ通報したり、隣家など困っているのが個人でも、司法書士や弁護士に依頼したりすることもできるでしょう。庭木のはみ出しが原因でケガなどにおよんでいれば、賠償金を請求される可能性も考えてください。

実際には住んでいない家であっても、庭木の状況を定期的に確認しておくといいかもしれません。気になったときには枝をはらうなど適切な処置をしておけば周囲の印象も違います。また、普段空き家になっている状況で庭木の手入れができていないと、害虫が発生しても気づきにくくなりがちです。はみ出しているだけでなく、さらに迷惑な事態を引き起こさないためにも、気づいたら手入れをしておきましょう。

自分では届きにくい場所であったり、時間が取れなかったりするときには業者に依頼するという方法もあります。たとえ、1本でも庭木の手入れを引き受けてくれる業者はあるので、悩んでいるより依頼した方が安心です。

はみ出した枝が原因で裁判に発展することも

庭木がはみ出しているという状況でも、高さのある木の枝が敷地から出ているという場合は被害が出る可能性は低い傾向です。しかし、問題は低木がはみ出している場合です。人間の視界をさえぎってしまうような高さになると、それが原因で事故につながるというケースもあります。日中は歩行者が認識できる場所でも、夜間見えにくい位置に枝が出ていると、ぶつかってケガをさせてしまう可能性が出てくるのです。歩道がなく路肩が狭いような場所だと、はみ出し方の程度によっては車の視界をさえぎり、事故に発展するかもしれません。貨物車のムーブ部分が接触して裁判に発展したというケースもあります。

また、隣家など個人の敷地内でも見逃してはいけません。枝がぶつかったことで車にキズがつき、修理代を要求されるというトラブルも起こっています。また、行政から伐採や剪定の指導を受けて放置してしまった場合、裁判に発展すれば敗訴の可能性はきわめて高いです。

いずれにしても、枝が伸びて敷地から出てしまうという状況は、さまざまな人に迷惑をかけることになります。罰則や裁判を気にして対処することも大切ですが、それ以前に周囲への配慮を考えることが重要といえるでしょう。自分では手に負えないなら、専門家に定期的な手入れを依頼しておくことがおすすめです。適切な感覚で剪定をしておくことは、庭木をきれいに維持することにもつながります。

■まとめ

まとめ

庭木のはみ出しは思わぬ事故や隣人トラブルにも発展することがあります。また、害虫が発生する原因にもなりかねません。行政による指導や隣人とのトラブルが起こる前に、気になる部分は剪定しておくといいでしょう。

自分では難しい場合には、業者に依頼すれば適切に判断してもらえます。定期的な剪定を依頼して普段から手入れをしておくと安心です。

伐採のお役立ち情報

  • 伐採は初心者でもできる?作業の意味や注意点を調べてから取り掛かろう!

    庭を美しく、健康なまま維持しようと思ったなら「伐採作業」は必要になります。しかし、伐採は初心者だと難しい技術を要する場面が多く、作業に手間取りがちです。初心者が実作業に取り掛かる前には、しっかりと手順を調べて必要な準備をしておきましょう。この記事では、伐採作業の意味から詳しい方法、注意点などを解説していきます。

  • 失敗しないための伐採業者選びのポイント

    庭木が古くなったり、庭の景観を変えたくなったりして伐採をするなら業者に依頼するのがおすすめです。しかし、伐採を請け負っている業者の数は多く、どこに頼めばいいか分からない人も多いでしょう。技術のない業者に伐採を任せると後悔してしまうかもしれません。この記事では、伐採ができる業者の選び方について解説していきます。

  • 庭木・立木の伐採業者選びのコツ

    庭木・立木の伐採業者は、何を基準に選べばいいのでしょうか。伐採技術が優れていることはもちろんですが、その他に必要な選定基準はどのようなものかを見ていきます。

  • 立木の伐採時に意識したい安全対策や注意事項

    立木の伐採は、庭の手入れのために大切な作業です。しかし、立木の伐採には危険が伴います。庭木の伐採ではそれほど留意する必要はありませんが、雑木林の伐採などを含む庭木の伐採には、山林の伐採に準じた作業手順を守る必要があります。
    ここでは庭木を中心に、立木を伐採する上で注意しなければならない点を見ていきます。

  • 伐採を業者に依頼した場合の平均単価や相場

    採にかかる費用は業者や地域によって違います。樹木を1本伐採する単価の計算も、業者によってまちまちです。では、伐採を業者に依頼する場合、どのくらい費用がかかるのか、伐採費用の相場についてご紹介します。

伐採のお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。