1本の木を剪定するのにも、さまざまな剪定用具が必要になります。何本も剪定作業をしなくてはならない場合は、その分に対応できる剪定用具を購入しなくてはなりません。ここでは、剪定用具にはどのような種類があるのかと、おすすめの選び方についてご紹介します。

剪定用具の種類

まずは、剪定のときにどのような道具を使うのか、剪定用具の種類からご紹介します。剪定するときに使われるのは、主に以下の4種類の道具です。

  • ◆植木ばさみ(木ばさみ)
  • ◆剪定ばさみ
  • ◆高枝剪定ばさみ(高枝切り)
  • ◆刈り込みばさみ

また、剪定ばさみと剪定のこぎり、刈り込みばさみとトリマーを併用することもあります。そしてほかにも、剪定用具ではありませんが、剪定するときには脚立やはしごも必要になります。

植木ばさみ(木ばさみ)の用途と選び方

まずは植木ばさみの用途について説明します。植木ばさみは、剪定作業でもっともよく使われるはさみで、直径1cmほどの細い枝を切るのに使われます。細い枝を切るだけでなく、枝分かれしている部分や、芽の部分を綺麗に切るためにも使われます。

そして、植木ばさみは柄の部分が独特で、バネが入っていないので長時間使用しても疲れにくいというメリットがあります。

植木ばさみはいろいろな大きさや形のものが販売されています。一般的には、全長20cmで重さは200gくらいが標準となっていますが、手の大きさや握力によって、使いやすい大きさや形が違ってきます。なので、実際に手にとって手になじむもの、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

剪定ばさみの用途と選び方

つぎに剪定ばさみについてです。剪定ばさみは、切れ味が良いため、太目の枝を切るときに使われます。細かい剪定には不向きですが、スピーディーに一気に多くの枝を剪定するのに適しています

切れ味がいいのがメリットですが、バネが付いているため使うのには力が必要なので、長時間の作業には向いていません。

剪定ばさみは一般的に小型のほうが使いやすいと言われていますが、手のひらと同じくらいの長さを選ぶと良いでしょう。強度があれば、重さは軽いものを選んでも大丈夫です。そして、重心が刃先よりにあるものを選ぶのがおすすめです。また、いろいろな枝に対応できるように、刃先がよく開くものを選びましょう。

刈り込みばさみの用途と選び方

刈り込みばさみは、生垣やトピアリーなどを刈り込むためのはさみで、1本ずつ枝を切るのではなく、一気に切って全体的に形を整える際に使われます。枝のみだけでなく、葉や芽先などの柔らかい部分を切るのにも向いており、切るものや形によって切り方を変えることができます。

刈り込みばさみは、刃が厚く、刃渡りと柄が長いものが使いやすく、さまざまなシーンに対応しているのでおすすめです。

また、面を均一に刈り込みたい場合や、より効率をアップしたい場合はトリマーを使うのも良いでしょう。トリマーは電動で動くので、スムーズに作業することができますが、その分怪我や失敗など、取り扱いには注意が必要になります。

高枝剪定ばさみ(高枝切り)の用途と選び方

高枝剪定ばさみは、脚立やはしごを使わず、高いところにある枝を切りたいときに使います。だいたい直径1~2cmほどの太さの枝を切るのに向いており、家庭用なら3mくらいまでの高さに対応しているのが一般的です。

高いところにある枝を切ることはできますが、正確に枝の位置をとらえることができないため、細かい手入れをすることはできません。

高枝剪定ばさみは、伸び縮みするタイプが一般的なので、切りたい部分の高さに対応しているものを選びましょう。また、高枝剪定ばさみには、ヒモを引っ張ると刃が動いて切れるものと、クリップが引き金となって切れるものがあります。実際に手にとって使いやすいほうを選びましょう。

■まとめ

剪定は、必ず用具をすべてそろえないとできないというわけではありません。用途に合わせて、必要な分だけ購入すれば大丈夫です。ただし、剪定は時間のかかる作業であり、定期的に行わなければならないため、自分にとって使いやすいものを選ぶ必要があります。そのためには、剪定用具は実際に触って、自分で確かめてから選ぶことがおすすめです。

剪定のお役立ち情報

  • 初心者必見!剪定はなぜ必要?どの枝を切ればいい?剪定の基本

    庭の樹木が伸びてきて、見た目が悪くなってしまったときに行うのが剪定です。剪定には必要な枝のみを残す技術と、適切なタイミングが求められます。事前に知識をつけず適当に枝を切ってしまうのは、「花が咲かない」「周辺の木々も枯れる」というトラブルが起こる原因です。この記事では、剪定の方法や切るべき枝の見分け方を紹介します。

  • 剪定をプロに頼むとかかる費用はどれくらい?剪定の相場をご紹介

    せっかく立派な庭を持っていても、それを美しい状態のまま維持するのは大変です。放置をしていると、手入れをしていない髪と同じですぐにぼさぼさになってしまいます。定期的に剪定をしたいところですが、素人ひとりでそれを行うのは大変です。一方、プロに依頼すると料金が気がかりかもしれません。そこで、剪定を業者に依頼した場合の費用の相場とその費用をなるべく抑える方法について解説をしていきます。

  • 庭の剪定の業者を比較する際に役立つポイントとは

    家の植木を長持ちさせたいなら剪定が必要になります。しかし、木の形を整え、成長を助ける剪定は素人の技術で行うと失敗しがちです。専門業者に頼むと安全かつ確実に剪定ができるでしょう。ただし、業者にも良し悪しがあるので慎重なリサーチが必要です。この記事では、剪定を依頼する業者を比較する際のポイントについて解説します。

  • 剪定の際には注意、起こりがちなトラブルと回避方法

    庭木の剪定は定期的に行わなければなりません。手入れを怠っていると、樹木が枯れてしまったり、花がうまく育たなかったりします。ただ、剪定はとても奥深い作業です。中には、間違ったやり方をして予期せぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。そのようなことがないよう、しっかり準備をして剪定作業に臨まなければなりません。ここでは、剪定で起こりがちなトラブルと、その回避方法について紹介します。

  • 自分で剪定をする際のポイントと注意点

    木の枝を切ったり、悪い部分を取り除いたりして整える作業を「剪定」といいます。剪定は庭などの木を長持ちさせるために欠かせません。しかし、間違った方法による剪定は木の寿命をかえって短くする危険もあります。剪定を行う際は注意点を踏まえて行いましょう。この記事では、剪定で失敗しないためのポイントを解説します。

剪定のお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。