眺めのいい庭のある住まいは、ライフスタイルにも潤いが生まれ活気に満ちてきます。しかし、庭の手入れは手間のかかる作業といえるでしょう。そこで、草木の成長時期や道具選びを確認することで、庭の手入れを簡単にできるポイントを考えてみましょう。今回は、心地よさを取り入れながら、手間のかからない庭づくりのコツを初心者にもわかりやすく紹介します。

なぜ、庭の手入れは面倒になるのだろう?

なぜ面倒に?

春先から夏場にかけて、草木はぐんぐんと成長します。それは、雑草にもいえることで草刈りや草むしりを何度もしなければいけません。また、草むしりを放置したままにしておくと、害虫を呼び寄せる事態を招きます。庭木に虫が集まるなど簡単に除去できなくなり、ますます庭の手入れは面倒になるでしょう。自宅周辺の環境によっては、通路や壁などのレイアウトが原因で作業効率を低下させていることも少なくありません。

庭の手入れを始める前に全体を見渡してみましょう。大まかに作業を3つのパートに分けます。草花などの地表で必要な作業と木々などの背に高い作業、壁やフェンスなどのエクステリアと区別することで効率的に作業ができるでしょう。手入れの行き届いた草花は、見る者に安らぎを与えます。しかし、枯れていたり伸び放題になっていたりすると、余計に目立ち不快感すら伴うことも否めません。

植木も同じでしっかりと剪定されていれば、見ごたえある庭づくりのシンボルにもなります。そして、意外と見落としやすいのは、壁やフェンス、カーポートなどのエクステリアです。なぜなら、長く手入れを怠ると苔や汚れが付着し、くすんだ印象になるからです。エクステリアが傷んでいると庭全体が重々しくなり、手入れそのものが面倒に感じてしまう原因となるでしょう。そこで、手入れをしやすくなる環境を作る意識も、面倒に感じさせない環境づくりのポイントになります。

時期を逃すと作業量は2倍3倍になる!?

庭の手入れで重要なポイントは、作業を行う時期にあります。春から夏、陽気が続けば花が咲きます。一方、草も伸びるので草むしりをする必要をあるでしょう。しかし、春に集中して行えば良いのではなく、草が伸びてしまう前に取り除くように心がけることがポイントです。気になったときに草むしりをこまめに行えば、まだ根の十分に張っていない草なので簡単に抜くことができます。時期を逃し根づいた草を抜くのはとても重労働です。

庭木の手入れは、冬と夏に行うのが基本です。冬場、木々は春に備えて活動を休止しています。なぜなら、この時期であれば、枝葉の剪定をしても庭木の負担を最小限に抑えられるからです。また、夏場に行うのは、果樹などの実をつける前に剪定することで実りを安定させることができます。秋口になると台風などの影響で伸びた枝が折れたりするので危険です。しっかりと日差しを通すことで害虫予防にもなります。エクステリアのメンテナンスは、時期を伴いません。草むしりや庭木の剪定といっしょにしてもいいですし、時期の改めて単独で行うのもコツです。

時期を考えることで、庭の手入れは手間を抑えられます。特に背の高い庭木は、脚立などを使った作業を伴います。そこで、自分だけで行おうとせずに、ポイントをしぼって業者に依頼するのもコツです。なぜなら、コストも抑えられますし、転倒や落下などの重大な危険を回避することができるからです。

作業を楽しくするためにも道具選びを楽しむ

草むしりをするとき、雨あがりなど地面が湿っていると作業がはかどるでしょう。特にねじり鎌があると便利です。100円ショップやホームセンターなどでも手に入ります。使い方も簡単で、幅広く使いたいときは鎌を水平に動かすだけです。根の張った雑草には角の部分で掘るようにすると抜くことができます。あまり大きすぎると扱いにくいので、持ちやすいサイズを選ぶこともポイントです。

庭木の剪定作業には、もう少し本格的な道具が必要になります。細い枝を切る剪定バサミや太い枝を切る剪定ノコギリをそろえましょう。他にも軍手や掃除道具などがあると、全体の作業がスムーズです。脚立を用意できれば高い場所も作業できますが、無理のない高さにとどめておきましょう。

芝の手入れをするとき、芝刈り機などで草丈をそろえると見栄えが変わります。また、ローンスパイクなどを使い地中に空気や水の通り道を作る作業を取り入れましょう。エラーレーションともいいますが、芝の成長をより活性化させる効果があります。作業はとても簡単で、一定の間隔でローンスパイクを芝に差し込んでいくだけです。さらに、肥料などを与えることで、青い芝を長く楽しむことができます。エクステリアのメンテナンスには高圧洗浄機があると壁などに付着した汚れをきれいに取り除けます。駐車スペースのコンクリートも元の色合いに戻るので、庭全体が明るい印象に変わり、眺めのいい庭になるでしょう。

■まとめ

庭
庭の手入れを簡単にしたいなら、草木と木々、エクステリアの3つに分けるのがコツです。また、時期も見きわめることで作業効率も上がるので、手間もかかりません。すべての作業を自分ひとりで行おうとせずに、ポイントを決めて業者のサポートを上手に活用しましょう。道具選びに興味を持つことで、楽しく庭の手入れができる環境が整います。

剪定のお役立ち情報

  • 初心者必見!剪定はなぜ必要?どの枝を切ればいい?剪定の基本

    庭の樹木が伸びてきて、見た目が悪くなってしまったときに行うのが剪定です。剪定には必要な枝のみを残す技術と、適切なタイミングが求められます。事前に知識をつけず適当に枝を切ってしまうのは、「花が咲かない」「周辺の木々も枯れる」というトラブルが起こる原因です。この記事では、剪定の方法や切るべき枝の見分け方を紹介します。

  • 剪定をプロに頼むとかかる費用はどれくらい?剪定の相場をご紹介

    せっかく立派な庭を持っていても、それを美しい状態のまま維持するのは大変です。放置をしていると、手入れをしていない髪と同じですぐにぼさぼさになってしまいます。定期的に剪定をしたいところですが、素人ひとりでそれを行うのは大変です。一方、プロに依頼すると料金が気がかりかもしれません。そこで、剪定を業者に依頼した場合の費用の相場とその費用をなるべく抑える方法について解説をしていきます。

  • 庭の剪定の業者を比較する際に役立つポイントとは

    家の植木を長持ちさせたいなら剪定が必要になります。しかし、木の形を整え、成長を助ける剪定は素人の技術で行うと失敗しがちです。専門業者に頼むと安全かつ確実に剪定ができるでしょう。ただし、業者にも良し悪しがあるので慎重なリサーチが必要です。この記事では、剪定を依頼する業者を比較する際のポイントについて解説します。

  • 剪定の際には注意、起こりがちなトラブルと回避方法

    庭木の剪定は定期的に行わなければなりません。手入れを怠っていると、樹木が枯れてしまったり、花がうまく育たなかったりします。ただ、剪定はとても奥深い作業です。中には、間違ったやり方をして予期せぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。そのようなことがないよう、しっかり準備をして剪定作業に臨まなければなりません。ここでは、剪定で起こりがちなトラブルと、その回避方法について紹介します。

  • 自分で剪定をする際のポイントと注意点

    木の枝を切ったり、悪い部分を取り除いたりして整える作業を「剪定」といいます。剪定は庭などの木を長持ちさせるために欠かせません。しかし、間違った方法による剪定は木の寿命をかえって短くする危険もあります。剪定を行う際は注意点を踏まえて行いましょう。この記事では、剪定で失敗しないためのポイントを解説します。

剪定のお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。