庭などの草刈りを本格的にしようと思ったら、かなりの重労働となるでしょう。しかし、草をそのまま放っておいてしまうとどんどん伸びていってしまい、手がつけられない状態になります。個人的に草刈りを行うのが大変だと考えるなら、草刈り業者への依頼がおすすめです。この記事では、草刈りを業者に依頼するメリットについて解説いたします。

意外と知られていない?個人的に草刈りを行うリスク

個人的に草刈りをする場合は、いくつかのリスクがあります。手作業で雑草を引き抜く草むしりについては、多くの人が一度くらいはやったことがあるでしょう。草を抜く範囲が狭い場合は、手作業の草むしりで問題がないかもしれません。しかし、草が広範囲にわたって生えている場合は、手作業の草むしりは重労働になるでしょう。長時間におよぶ草刈りは、足腰への負担もかかってしまいます。また、真夏に草むしりをするのであれば、熱中症を引き起こすリスクもあるでしょう。

手作業ではなく、草刈り機を使った場合でも、機械を使い慣れていない人が草の処理を行うと、草刈り機や雑草でケガをしてしまう可能性もあります。当然、草刈り機を購入するための費用も必要です。そのため、個人的に草刈りをする場合は、なにかしらデメリットもあるといえるでしょう。次に、草が生い茂っている場合には、蚊やハチ、ヘビなどに刺されたり噛まれたりする被害に遭う可能性もあります。特にハチやヘビの毒は、命にかかわる問題です。一方、草を放置しておけば、雑草は7月ごろまでぐんぐん生育し続けます。

真夏には勢いを増して8~9月ごろに本格的な草刈りのシーズンを迎えるというのが一般的な流れです。この時期には害虫の被害も多いため、草が生い茂った場所へ何の準備もせずに立ち入ること自体が危険だと心得ておきましょう。

広範囲の草刈りなら業者への依頼がおすすめ

雑草を処理する方法としては、「雑草を根から抜いてしまう方法」「草刈り機を使って刈ってしまう方法」の2つが挙げられます。たとえば、庭が狭い場合、雑草がほんの少しだけ生えているのであれば、個人的に草抜きをするだけで処理が済んでしまうでしょう。ただし、草刈りをするスペースが広範囲におよぶ場合は、業者への依頼を検討することが賢明です。草刈りとは、鎌や草刈り機を使って雑草を刈る方法になります。特に草刈り機を使った草刈りは、広範囲に生い茂っている雑草を効率よく刈ることができるためおすすめです。

草が生い茂っている場合でも、専門業者に依頼して草刈りを行えば、個人的に草刈りをするよりも短い時間で処理ができるでしょう。また、業者に依頼しているため草刈り機を購入する必要もなく、ケガをする心配もありません。特に、草刈り機の扱いに慣れていない人が機械を使うと扱いづらく、場合によっては非効率となってしまう可能性もあります。また、小さな子どもがいる家庭の場合、草刈り機を使用した雑草の処理は、子どもが草刈り機に近づいてケガをしてしまう可能性があるため大変危険です。

家庭の状況によっては、庭の雑草を処理するというシンプルな作業でも難しい場合があります。その場合は、ある程度の費用はかかっても草刈りの専門業者に依頼して、時間を有効に活用していくと良いでしょう。

草を刈って終わりではない?草刈り後の処理とは

草を刈ってきれいになったら、それだけで作業がすべて終わったような気持ちになります。しかし、草刈りをした後には、大量の雑草を処理する必要があるのです。個人的に雑草の処理を行う場合、処分する雑草の量が少なければ、燃えるごみとして出すこともできます。しかし、処分する雑草の量が多ければ多いほど処分にも困るものです。草刈りをした後は、雑草や木などを敷地内で燃やそうと考える人もいるでしょうが、雑草や木などを野焼きすることは原則として自治体で禁止されています。

そのため、野焼きによる処理は控えるようにしましょう。野焼きをすると煙や悪臭が発生するため、周辺住民の迷惑となる可能性があります。煙や悪臭があれば、当然「洗濯物が干せない」「煙で目やのどが痛い」などの苦情にもつながるかもしれません。加えて、野焼きをすると有害な物質を発生される可能性があることから、草刈りの後には適切な方法で処理する必要があります。しかし、草刈りを業者に依頼すれば、面倒な雑草の処分もすべて行ってくれるため、安心できるという点はメリットです。

さらに、スピーディーに草刈りをして刈った草を回収した後には、除草対策まで行ってくれます。場合によっては、草を刈り取る作業を軽減するために、業者が敷地に砂利を敷き詰めたり、土を固めたりする作業を行うのです。雑草が生えてくるのを防止するために有効な手段を講じたいなら、専門知識と技術のある業者に草刈りを依頼すると良いでしょう。

■まとめ

草刈り

草刈りをする範囲が広い場合は、専門業者への依頼がおすすめです。手作業で草刈りをすると、きれいにするのに何日もかかってしまいます。その間に草が生えてしまう可能性もありますから、プロによるスピーディーな作業が欠かせません。

また、業者に依頼すると、刈った草をすべて回収して、適切な方法で処分してくれるというメリットもあります。草刈りは重労働ですから、プロの力を借りることを検討してみましょう。

草刈りのお役立ち情報

  • 所有している空地の雑草対策は義務?空地管理について知っておきたいこと

    空地を所有している人は、雑草対策は万全でしょうか。空地から離れたところで暮らしていると、ずっと放置し続けてしまっている場合もあるでしょう。管理の仕方がずさんであれば、トラブルに発展する可能性もあるので注意しなければなりません。そこで今回は、空地の雑草対策の必要性や具体的な手入れの方法などを解説します。

  • 種類は?手入れの方法は?初心者必見!芝の基礎知識

    美しい緑で覆われた天然の芝の広がる庭に憧れを持っている人もいることでしょう。しかし、芝は生育や手入れが大変そうというイメージから二の足を踏んでいる人も少なくありません。芝と一言でいっても、いろいろな種類があります。また、種類ごとに持つ特徴と手入れのコツをつかめば、一般の人でも芝のある生活を楽しむことは可能です。そこで、ここでは芝の主要な種類と種類ごとの手入れ方法について解説します。

  • 美しい外観を目指す!芝刈りの基本とは

    芝生の手入れで困っている人はいませんか?特に夏場は頻繁に刈り込まないと、どんどん伸びていき見た目も悪くなり、虫などもたくさん寄ってきてしまいます。しかし、芝刈りにあまり時間を割けなかったり、刈ってもムラができてしまったりと、初心者が完璧に芝刈りを行うのは難しいものです。そこで、今回はできるだけ効率的かつ、きれいに芝を刈る方法を紹介していきます。

  • 草刈り業者への依頼を円滑に進めるコツ

    庭がある家では定期的な草刈りが必要ですが、忙しいとつい放置してしまいがちです。庭の草刈りを行うときは専門業者に依頼すると安全かつスムーズに終わります。ただし、業者とのやりとりではトラブルが起こるリスクもゼロではありません。この記事では、優良な業者を確実に見つけて、円滑に依頼するためのコツを解説していきます。

  • 草刈り業者の選び方。後悔しないために注意すべき点

    敷地内に雑草が生えてくると見た目が良くないだけでなく、虫などが発生して衛生的にも良くありません。「忙しくて時間がない人」「体力に自信がない人」は業者に依頼をするという方法があります。しかし、数ある業者の中には悪徳業者も存在するので注意が必要です。そこで、後悔しないための業者選びのポイントやコツについてまとめてみました。

草刈りのお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。