庭の手入れをするとき、もっとも厄介な存在になるのは、雑草だといっても過言ではありません。草刈りには、意外なほど労力がかかります。草刈りを少しでも楽に行うためには、雑草の分類について理解しておくことが大切です。雑草についてちょっとした知識があるだけで、草刈りを効率的に行うことができます。今回は、雑草の分類と効果的な草刈り方法についてわかりやすく説明します。

種子で増える雑草

雑草

雑草の種類は、種子で増えるタイプと地下茎で増えるタイプの2つです。まず、種子で増えるタイプの雑草は、雑草にできた種子が雨や風、動物などを介して運ばれることによって繁殖します。このタイプに分類される雑草で代表的なのは、オヒシバ、メヒシバ、エノコログサ、カラスノエンドウ、ホトケノザ、タネツケバナなどです。いずれも、普段よく見かける雑草でしょう。

種子で増える雑草のなかには、発芽から数カ月で種子を作りはじめるものや、1株で数十万の種子を作ることができるものもあります。人間がどんなに気をつけていても、雑草の種子を庭などに入れないようにするのは困難です。

雑草は生育に適した環境が整えば、すぐに発芽して育ってしまいます。このタイプの雑草は、雑草の種子ができたあとの時期に、機械による草刈りを行うと、風圧で種子が飛び散ってしまう可能性が高いです。そうなると、一度雑草を除去しても、またすぐに新しい雑草が生えてきてしまいます。そのため、種子で増えるタイプの雑草は、手作業で地道な草刈りを行うのがもっともおすすめです。

雑草が多く、広範囲に渡っているときは、除草剤を利用するという手もあります。それぞれの雑草は、さまざまな性質をもっているため、それに合わせた除草剤を選ぶことが必要です。除草剤の選び方については、簡単なポイントをあとで説明します。

地下茎で増える雑草

地下茎で増えるタイプの雑草は、土のなかに埋もれている根に似た「茎」によって繁殖します。わかりやすい例をあげると、野菜のジャガイモも地下茎です。丸いかたちに変形した地下茎が、土のなかで繁殖しています。

地下茎で増えるタイプに分類される雑草で代表的なのは、スギナ、ヒルガオ、ヨモギ、ヤブカラシ、シロツメクサ、ドクダミなどです。このタイプの雑草は、繁殖能力が非常に高いといわれています。たとえば、土の上に出ている茎や葉が枯れてしまっても、地下に埋もれている茎の部分が生き残り、新たな茎や葉が再生するのです。なかには、セイタカアワダチソウという地下茎と種子の両方で繁殖することができるものも存在します。

地下茎で増えるタイプの雑草は少しでも地下茎が残っていると、またすぐに増えてしまうため、草刈りの仕方が難しい傾向です。きれいに取り除いたと思っていても、土のなかには地下茎が残っている可能性があります。特に土を耕した際、土のなかに残った地下茎を細かく刻んでしまうと、その分雑草が増殖するため厄介です。

地下茎は、手作業で取り除くだけではなかなか根絶やしにすることができません。そのため、地下茎で増える雑草については、除草剤を使うのが手っ取り早くておすすめです。先にある程度草刈りをし、雑草の大部分を取り除いたあとで使用すると、より雑草に浸透しやすくなって効果が高まります。

雑草のさまざまな分類

雑草には、繁殖方法以外にもさまざまな分類方法があります。それらについて理解しておくと、除草剤を選ぶときなどにとても役立つでしょう。まず覚えておきたいのが、「1年生雑草」と「多年生雑草」という分類です。1年生雑草は種子から発芽し、その後成長を続けて開花し、種子を作ると徐々に枯れて完全に死んでしまいます。

多年生雑草も種子から発芽するのは1年生雑草と同様です。1年生雑草との大きな違いは、成長していくと地上に出ている茎や葉の部分がいったん枯れて、その後再び芽が出て成長していくところになります。これは土の下の根が生きているためです。多年生雑草はこれを何回も繰り返します。

基本的に、多年生雑草は種子で繁殖しますが、なかには成長しながら地下茎を伸ばして繁殖していくものもあります。また、ほかに分類方法として覚えておきたいのが、植物の学問的な分類である「イネ科雑草」と「広葉雑草」という呼び分けです。イネ科雑草は植物分類上のイネ科に属している雑草で、葉が稲のように細長いかたちをしており、葉脈が平行なのが特徴です。一方、広葉雑草はイネ科以外に属している雑草で、葉が大きく、葉脈は網状になっています。

雑草は、その種類によって使用できる除草剤が異なるため注意が必要です。草刈りで除草剤を使用するときは、生えている雑草の種類をよく確認したうえで除草剤を選ばなければなりません。除草剤の種類を間違うと思ったような効果が得られなくなってしまうため、気をつけてください。

■まとめ

理解しよう
雑草をうまく除去するためには、雑草の特徴を理解することが必要不可欠です。一口で「雑草」といっても、雑草にはいろいろな種類があります。草刈りを少しでも楽にするためには、それぞれの雑草の特徴をよく理解し、それ以上広げないようにすることが大切です。雑草の分類に関する知識を利用して、効率よく草刈りを行いましょう。

草刈りのお役立ち情報

  • 種類は?手入れの方法は?初心者必見!芝の基礎知識

    美しい緑で覆われた天然の芝の広がる庭に憧れを持っている人もいることでしょう。しかし、芝は生育や手入れが大変そうというイメージから二の足を踏んでいる人も少なくありません。芝と一言でいっても、いろいろな種類があります。また、種類ごとに持つ特徴と手入れのコツをつかめば、一般の人でも芝のある生活を楽しむことは可能です。そこで、ここでは芝の主要な種類と種類ごとの手入れ方法について解説します。

  • 美しい外観を目指す!芝刈りの基本とは

    芝生の手入れで困っている人はいませんか?特に夏場は頻繁に刈り込まないと、どんどん伸びていき見た目も悪くなり、虫などもたくさん寄ってきてしまいます。しかし、芝刈りにあまり時間を割けなかったり、刈ってもムラができてしまったりと、初心者が完璧に芝刈りを行うのは難しいものです。そこで、今回はできるだけ効率的かつ、きれいに芝を刈る方法を紹介していきます。

  • 得するのは手間だけじゃない。草刈りを業者に依頼するメリット

    庭などの草刈りを本格的にしようと思ったら、かなりの重労働となるでしょう。しかし、草をそのまま放っておいてしまうとどんどん伸びていってしまい、手がつけられない状態になります。個人的に草刈りを行うのが大変だと考えるなら、草刈り業者への依頼がおすすめです。この記事では、草刈りを業者に依頼するメリットについて解説いたします。

  • 草刈り業者への依頼を円滑に進めるコツ

    庭がある家では定期的な草刈りが必要ですが、忙しいとつい放置してしまいがちです。庭の草刈りを行うときは専門業者に依頼すると安全かつスムーズに終わります。ただし、業者とのやりとりではトラブルが起こるリスクもゼロではありません。この記事では、優良な業者を確実に見つけて、円滑に依頼するためのコツを解説していきます。

  • 草刈り業者の選び方。後悔しないために注意すべき点

    敷地内に雑草が生えてくると見た目が良くないだけでなく、虫などが発生して衛生的にも良くありません。「忙しくて時間がない人」「体力に自信がない人」は業者に依頼をするという方法があります。しかし、数ある業者の中には悪徳業者も存在するので注意が必要です。そこで、後悔しないための業者選びのポイントやコツについてまとめてみました。

草刈りのお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。