庭の草刈りは毎年何度も行わなければならないため、面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。特に夏場はひと月に何度も草刈りを行わないと、すぐに草は伸びてしまいます。そこで、気になるのは庭の手入れをしないとどうなってしまうのかということです。使っていない庭がある場合は手入れが行き届かないケースも多いですが、そうなった場合に起こり得るマイナス面について解説していきます。

草が伸びきった庭は何かと危険!近隣の苦情から空き巣のリスクまで

危険

庭がまったく手入れされていない状態ではまず見た目に美しくはありません。一見誰も手をかけていないようにも見えるため、心ない人たちが庭にゴミを捨てる可能性も否定できないでしょう。問題なのはゴミが捨てられたとしても草が伸びている状態では隠れてよく見えないため、ゴミが捨てられたことに気がつきにくくなる点です。庭の状態によっては大型のゴミを不法投棄される可能性もあり、こうなるとどんどん庭の衛生状態が悪くなっていきます。

ゴミによっては庭から悪臭が発生してしまうかもしれません。見た目が悪く変な臭いも放つ庭が近くにあれば、近隣から苦情が来ることは半ば当たり前といえるでしょう。使っていないといえども庭が原因で近隣トラブルを起こさないようにすることは大切です。

また、手入れされていない庭があると犯罪を招き入れるリスクも上昇します。空き巣などは人目がない場所に好んで侵入するため、荒れた庭は格好の侵入経路や潜伏先となりがちです。荒れた庭を持つ家主が被害者になるだけではなく、庭が原因で近隣にまで被害がおよぶことになるかもしれません。

いずれにせよ犯罪に巻き込まれるのは絶対に避けたいことなので、雑草が伸びきってしまう状態になる前に庭はきちんと手入れをする必要があります。草が伸びきった状態でも業者に依頼すれば短時間で処理してくれるため、信頼できる業者選びから始めてみてください。

まだまだある!庭の手入れが原因で起こる火災時の延焼リスク

庭の草刈りを怠ることによる大きなデメリットとして、火災時のリスクも忘れてはならないものです。庭の草が伸びっぱなしの状態だと、火災が発生したときに雑草に火が燃え移り、一気に燃え広がる危険性があります。これは住んでいない土地の庭でも同様です。火災は雷などの原因により、自然下でも起きる可能性があるものです。使っていない庭の草刈りを怠ったことで延焼が起きないようにするためにも、庭の草はできるだけ短い状態を保つように努力していきましょう。使用していない庭が遠くにある場合は、定期的に業者に依頼してカットを依頼してみてください。

また、荒れてしまった庭は土の状態が悪くなるというリスクも発生します。雑草が伸びるためには土の栄養分を吸収しなければならないため、少なからず土がやせていきます。庭に木が生えている場合は木が栄養分をうまくとれずに枯れてしまう可能性があるでしょう。同様にツル性の植物が繁茂してしまうことでも樹勢が悪くなり枯れる恐れがあります。

枯れ木はとても燃えやすく、延焼を促しやすい荒れた庭のリスクをさらに高めるため注意してください。木が枯れてしまったら早いうちに切っておく必要があります。木を切るには専用の道具が必要だったり木が倒れる方向をきちんと計算できなければならなかったりするため、自分たちでできない場合は専門の業者に依頼してください。

草が伸びっぱなしのデメリットとして大きいのは「虫」や「動物」による害

草は虫のすみかになることもあるので、伸びた状態を放置しておくとたくさんの虫が寄ってくる可能性も否めません。寄ってくる虫が益虫だけであれば問題はありませんが、蚊やガの幼虫などの害虫も集まってくることもあるでしょう。

その中でもっとも恐ろしい害虫のひとつがアリで、中でもシロアリは家を倒壊させる危険すらある害虫です。シロアリは湿気や枯れ草などを好むという特徴があり、草が伸びっぱなしになった庭はシロアリを家に招く経路となるケースもあります。庭をきれいな状態に保つことは家屋を守ることでもあると覚えておいてください。

また、雑草の生えた庭には虫だけではなく、虫を食べる動物や雑草を隠れ家とする小動物も集まりやすくなります。タヌキやイタチ、ネズミなどの害獣は、荒れた庭に住み着く可能性のある代表的な動物です。動物たちが庭に来ると少なからずフンを落としていくと考えられるため、庭の衛生さは失われていきます。

さらに、注意しておきたいのは動物による感染症の被害です。野生動物のフンや死がいから感染する病気は多いため、庭の草刈りを怠るだけで何らかの感染症にかかるリスクも上がってしまいます。とりわけペットを飼っている場合には、ペットが病気に感染してしまう可能性があるので注意してください。大切な家族やペットを守るためにも、草刈りは定期的に行うようにしましょう。

■まとめ

草刈り
1度草が伸びて庭が荒れてしまうと、その後の草刈りがどんどんしづらくなるので注意が必要です。草が短いうちは家庭用の草刈り機で簡単に草をカットすることが可能ですが、ある程度の長さまで伸びてしまうと家庭用の機械では作業が難しくなってしまいます。庭の手入れが難しいようであれば信頼できる業者に依頼し、庭をいつでもきれいな状態に保つ努力をしていきましょう。

草刈りのお役立ち情報

  • 種類は?手入れの方法は?初心者必見!芝の基礎知識

    美しい緑で覆われた天然の芝の広がる庭に憧れを持っている人もいることでしょう。しかし、芝は生育や手入れが大変そうというイメージから二の足を踏んでいる人も少なくありません。芝と一言でいっても、いろいろな種類があります。また、種類ごとに持つ特徴と手入れのコツをつかめば、一般の人でも芝のある生活を楽しむことは可能です。そこで、ここでは芝の主要な種類と種類ごとの手入れ方法について解説します。

  • 美しい外観を目指す!芝刈りの基本とは

    芝生の手入れで困っている人はいませんか?特に夏場は頻繁に刈り込まないと、どんどん伸びていき見た目も悪くなり、虫などもたくさん寄ってきてしまいます。しかし、芝刈りにあまり時間を割けなかったり、刈ってもムラができてしまったりと、初心者が完璧に芝刈りを行うのは難しいものです。そこで、今回はできるだけ効率的かつ、きれいに芝を刈る方法を紹介していきます。

  • 得するのは手間だけじゃない。草刈りを業者に依頼するメリット

    庭などの草刈りを本格的にしようと思ったら、かなりの重労働となるでしょう。しかし、草をそのまま放っておいてしまうとどんどん伸びていってしまい、手がつけられない状態になります。個人的に草刈りを行うのが大変だと考えるなら、草刈り業者への依頼がおすすめです。この記事では、草刈りを業者に依頼するメリットについて解説いたします。

  • 草刈り業者への依頼を円滑に進めるコツ

    庭がある家では定期的な草刈りが必要ですが、忙しいとつい放置してしまいがちです。庭の草刈りを行うときは専門業者に依頼すると安全かつスムーズに終わります。ただし、業者とのやりとりではトラブルが起こるリスクもゼロではありません。この記事では、優良な業者を確実に見つけて、円滑に依頼するためのコツを解説していきます。

  • 草刈り業者の選び方。後悔しないために注意すべき点

    敷地内に雑草が生えてくると見た目が良くないだけでなく、虫などが発生して衛生的にも良くありません。「忙しくて時間がない人」「体力に自信がない人」は業者に依頼をするという方法があります。しかし、数ある業者の中には悪徳業者も存在するので注意が必要です。そこで、後悔しないための業者選びのポイントやコツについてまとめてみました。

草刈りのお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。