伐採と剪定はどちらも樹木を切ることなので、意味を間違って理解している人も少なくありません。中には、意味を間違って理解したまま業者に依頼をしてしまい、取り返しのつかないことになってしまったケースもあります。実際のところ、伐採と剪定は似ているようで、まったく意味が違います。
では、伐採と剪定の違いとはなんでしょうか?

伐採は木を根もとから切ること

伐採は木を丸ごと1本、根もとから切ることです。 チェーンソーやハーベスターを使って行われます。 森林伐採という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、森林伐採は林業において丸太を生産するために、森林の木竹を切り倒すことを指しています。 また、増えすぎた木竹を間引きするときにも伐採が行われます。

剪定とは余分な枝や葉を切ること

一方の剪定とは、日当たりや風通しを悪くしたり、害虫が発生する原因となったりするような、余分な枝や葉を切ることです。また、形やバランスを整えたり、花や実の成長を促したりするためにも行われます。

伐採との大きな違いは、伐採は木を丸ごと処理してしまうことに対して、剪定は木の健康や美しさを保つための手入れだということです。そのため剪定では、主幹から切ってしまうことはほとんどありません。

伐採と剪定では最適なタイミングも異なる

伐採の場合は、木のメンテナンスを行うわけではないため、どのタイミングで行っても問題ありません。しかし剪定の場合は、成長を促したり、健康を守ったりするなどの目的があるため、庭木や樹木の種類によって最適なタイミングがあります。

このように、意味や目的が違えば、最適なタイミングも違ってくるのです。

業者に依頼する前に自分自身でも知識をつけよう

専門業者の多くは伐採も剪定も行っており、基本的には意味を間違って理解していたとしても、どんな感じで切れば良いのか伝えることで、適切な判断で伐採や剪定を行ってもらえます。

しかし、専門業者はプロなので、基本的に樹木の知識に関する部分は問題ありませんが、好みで植えているようなマイナーな樹木の場合、業者によってはその樹木の知識がまったくなく、樹木をダメにしてしまうケースもあります。中には剪定と頼んだのに、知識がないがゆえに伐採されてしまっていたというケースもあります。

また、知識があったとしても、切ってくれと頼めば時期に関係なく剪定が行われるため、依頼主の注文のせいで樹木を弱らせてしまうこともあります。

このような事態を避けるためには、業者に依頼する前に、自分自身で知識を身につけておくことがおすすめです。業者は依頼主の依頼内容通りに伐採や剪定を行うのが仕事なので、いじらないようにと指定すれば、指定された樹木がいじられることはありません。マイナーな樹木でも、どこを切ればいいのか伝えるだけで、適切な剪定を行ってもらえるようになります。

大切な庭木や樹木をダメにしてしまわないためにも、依頼する前に自分自身で知識をつけておきましょう。

業者選びも慎重に行うこと

業者によっては剪定と注文したのに伐採されていたというケースもあったり、ありきたりな樹木なのに適当な剪定で枯らされてしまうなど、あまりよくない業者もいます。 適切な伐採・剪定を行うためにも、業者選びは慎重に行うべきです。

まずは、適切な作業をしてもらうためにも、作業実績が豊富な業者を選びましょう。 作業実績が豊富な業者は、その分いろいろな樹木を扱ってきたために知識が豊富です。 マイナーな樹木でも適切に剪定してもらえるので、安心して頼むことができます。 作業実績がわからない場合は、依頼したい樹木の種類を伝えて、対応したことがあるかどうか、頼みたいけど大丈夫かなどを聞くと良いでしょう。

また、見積もり時にむやみに作業箇所を増やしてくるような業者は避けるべきです。業者の人はプロなので、ちょっとしたところも気になってしまうという部分があるかもしれませんが、見積もりにきただけなのに、あれもこれもと作業箇所を増やしていくような業者はおすすめできません。場合によっては作業箇所を増やした結果、請求金額が増えるだけでなく樹木を枯らしてしまうという結果になってしまうこともあるからです。

そして、業者に依頼するからといって、複数箇所作業してもらわなければならないと思っている人も多いかもしれませんが、植木1本から伐採可能な業者や、草刈りだけでも大丈夫な業者もたくさんあります。ムダに費用をかけてしまわないためにも、少しの作業から依頼できる業者があるということを覚えておきましょう。このように、意味や目的が違えば、最適なタイミングも違ってくるのです。

■まとめ

伐採と剪定は似ているようでまったく違う意味であり、間違って業者に依頼すると大変なことになってしまう場合もあります。 また、正しく伝えたとしても、業者側で適切な作業をしてもらえないこともあります。 まずは、自分自身で伐採と剪定の違いを理解し、自宅の植木に関する正しい知識を身につけることが大切です。

伐採のお役立ち情報

  • 伐採は初心者でもできる?作業の意味や注意点を調べてから取り掛かろう!

    庭を美しく、健康なまま維持しようと思ったなら「伐採作業」は必要になります。しかし、伐採は初心者だと難しい技術を要する場面が多く、作業に手間取りがちです。初心者が実作業に取り掛かる前には、しっかりと手順を調べて必要な準備をしておきましょう。この記事では、伐採作業の意味から詳しい方法、注意点などを解説していきます。

  • 敷地からはみ出した木はどの程度許される?処罰の危険は

    庭木の枝が敷地からはみ出してしまうというのは、よくあることです。小枝の先がわずかに出ているなら問題ないかもしれませんが、高さや程度によって異なります。「どれくらいまでなら許容範囲内なのか」「はみ出した場合の罰則はあるのか」などわからない点も多いでしょう。今回は、庭木のはみ出しで起こりがちなトラブルと罰則についてご紹介いたします。

  • 失敗しないための伐採業者選びのポイント

    庭木が古くなったり、庭の景観を変えたくなったりして伐採をするなら業者に依頼するのがおすすめです。しかし、伐採を請け負っている業者の数は多く、どこに頼めばいいか分からない人も多いでしょう。技術のない業者に伐採を任せると後悔してしまうかもしれません。この記事では、伐採ができる業者の選び方について解説していきます。

  • 庭木・立木の伐採業者選びのコツ

    庭木・立木の伐採業者は、何を基準に選べばいいのでしょうか。伐採技術が優れていることはもちろんですが、その他に必要な選定基準はどのようなものかを見ていきます。

  • 立木の伐採時に意識したい安全対策や注意事項

    立木の伐採は、庭の手入れのために大切な作業です。しかし、立木の伐採には危険が伴います。庭木の伐採ではそれほど留意する必要はありませんが、雑木林の伐採などを含む庭木の伐採には、山林の伐採に準じた作業手順を守る必要があります。
    ここでは庭木を中心に、立木を伐採する上で注意しなければならない点を見ていきます。

伐採のお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。