伐採と言われると、森林伐採のように大規模なイメージを思い浮かべる人も多いと思います。しかし、伐採とは木を切り倒すことなので、1本でも伐採は伐採なのです。そして伐採は意外にも身近なものであり、自分自身で不要な樹木を伐採する人も少なくありません。
では、自分自身で伐採を行うとき、どのような道具や設備が必要なのでしょうか?

木を切り倒すための道具

まずは伐採のメインとなる、木を切り倒すための道具からご紹介します。

  • ◆チェーンソー

    木を伐採するには大型のチェーンソーが必要です。木が大きければ大きいほど、大型のチェーンソーを使わなければなりませんが、小さな木や針葉樹などを伐採するときは、中型のチェーンソーでも問題ありません。

  • ◆ハーベスタ

    ハーベスタと言うと、じゃがいもやとうもろこしなどの収穫に使われる、コンバインハーベスタをイメージする人も多いと思いますが、最近ではハーベスタでの伐採も一般的になってきています。ハーベスタを使えば伐採だけでなく、そのまま木を使ったり、玉切りをしたりすることができるので、現代の林業ではもっとも重要視されている道具です。重機なので大規模な伐採にはおすすめですが、個人的に伐採を行う際には必要ありません。

伐採には他にもさまざまな刃物が使われますが、切り倒すために使われるものは、主にチェーンソーとハーベスタの2種類となっています。

事故を減らすための道具

伐採はたとえ1本であっても、事故が起きる可能性のある危険な作業です。 そのため、事故を減らすためにさまざまな道具が使われます。

  • ◆枝切ばさみ

    余分な枝や葉を落とすことで、事故を減らすことができます。

  • ◆くさび

    樹木に入れた切れ目にくさびを挟むことで、任意の方向へ木を倒すことが可能になります。

  • ◆パワーウィンチ

    倒木方向を微調整するために使います。

  • ◆ワイヤーロープ

    くさびやパワーウィンチのように、倒木方向を任意の場所へ変えたいときなどに使います。

  • ◆ゼットソー

    のこぎりと同じように使うことができますが、ゼットソーの場合はシーンに合わせて刃渡りなどが調節できます。

  • ◆電動のこぎり

    少しずつ細かく角度を調節するために使います。

  • ◆ランヤード

    高い樹木に登る場合に必要不可欠な道具です。ハーネス部分が背もたれのようになって、腰をしっかりホールドしてくれるタイプもあります。

  • ◆リギングロープ

    体や木などに取り付けてしっかり支えることで、安全に高い場所でも作業ができるようになります。

  • ◆フェリングレバー

    樹木の切り口へ噛ませるようにして動かすことで、チェーンソーの刃先が挟まれて動かなくなってしまうトラブルを防止します。

身を守るための道具

また、事故を減らすためだけでなく、自分自身の身を守るための道具も必要です。なお、事故を減らすための道具は必要に応じて用意すれば大丈夫ですが、身を守るための道具は必ず用意しておくようにしましょう。

  • ◆ヘルメット

    伐採中は頭上から枝や葉などが落ちてきます。 このような落下物から頭部を守るために使います。

  • ◆ゴーグル

    木くずやごみなどから目や顔を守ります。

  • ◆手袋

    木くずや枝による怪我を防いだり、滑り止めとしての役割があります。

  • ◆作業着

    特殊繊維の作業着で、チェーンソーなどから身を守ります。

伐採に必要な設備

庭や私有地だけでなく、大規模伐採を行う場合は、いろいろな設備が必要になります。とくに重機は必要不可欠な設備となります。

  • ◆ユニック/スイングヤータ

    クレーンを装備したトラックで、丸太の運搬に使われます。

  • ◆ユンボ

    クレーン部分で木を支えたり、根もとから掘ったりすることが可能です。

  • ◆グラップル/ラフタークレーン

    樹木の束を掴んで、運搬することができます。

  • ◆倉庫

    伐採した丸太を保管する場所として使用します。

■まとめ

伐採には他にもさまざまな道具や設備が使われていますが、どんなに多くの道具や設備を取り揃えていても、どんなに高い技術や経験があっても、100%安全に伐採することはできません。注意をしていても、事故が起こるときは起こるのです。

しかしそれでも、道具を正しく使って、正しく伐採を行うことで、事故のリスクを減らすことはできます。もし自分自身で伐採を行うのなら、まずは事故を減らすために、身を守るために、必要な道具を揃えることから始めましょう。

伐採のお役立ち情報

  • 伐採は初心者でもできる?作業の意味や注意点を調べてから取り掛かろう!

    庭を美しく、健康なまま維持しようと思ったなら「伐採作業」は必要になります。しかし、伐採は初心者だと難しい技術を要する場面が多く、作業に手間取りがちです。初心者が実作業に取り掛かる前には、しっかりと手順を調べて必要な準備をしておきましょう。この記事では、伐採作業の意味から詳しい方法、注意点などを解説していきます。

  • 敷地からはみ出した木はどの程度許される?処罰の危険は

    庭木の枝が敷地からはみ出してしまうというのは、よくあることです。小枝の先がわずかに出ているなら問題ないかもしれませんが、高さや程度によって異なります。「どれくらいまでなら許容範囲内なのか」「はみ出した場合の罰則はあるのか」などわからない点も多いでしょう。今回は、庭木のはみ出しで起こりがちなトラブルと罰則についてご紹介いたします。

  • 失敗しないための伐採業者選びのポイント

    庭木が古くなったり、庭の景観を変えたくなったりして伐採をするなら業者に依頼するのがおすすめです。しかし、伐採を請け負っている業者の数は多く、どこに頼めばいいか分からない人も多いでしょう。技術のない業者に伐採を任せると後悔してしまうかもしれません。この記事では、伐採ができる業者の選び方について解説していきます。

  • 庭木・立木の伐採業者選びのコツ

    庭木・立木の伐採業者は、何を基準に選べばいいのでしょうか。伐採技術が優れていることはもちろんですが、その他に必要な選定基準はどのようなものかを見ていきます。

  • 立木の伐採時に意識したい安全対策や注意事項

    立木の伐採は、庭の手入れのために大切な作業です。しかし、立木の伐採には危険が伴います。庭木の伐採ではそれほど留意する必要はありませんが、雑木林の伐採などを含む庭木の伐採には、山林の伐採に準じた作業手順を守る必要があります。
    ここでは庭木を中心に、立木を伐採する上で注意しなければならない点を見ていきます。

伐採のお役立ち情報一覧を見る

JBR生活救急グループ お庭の生活救急車は。お庭のトラブル解決 No.1を目指しています

私たちお庭の生活救急車は、お客様に「頼んでよかった」と言って頂けるようなサービスの向上を目指しております。そのためにきちんとお客様のお話を伺い、ひとつひとつのトラブルをしっかり調べ、作業後のアドバイスもさせて頂いております。また接客技術にもこだわっており、講師を招いて接客サービスの徹底教育行い、親切かつ丁寧なサービス提供に努めています。これからもスタッフ一同、お客様を助けたいという思いをもとに対応してまいります。